島田紫笙

  足柄のみ坂に立して袖振らば

  家なる妹はさやに見もかも

  色深く背なが衣は染めましを

  み坂給らばまさやかに見む

〔萬葉集 武蔵国防人歌問答〕