橘 圭子

    奥山に紅葉ふみ分け鳴く鹿の

    声きくときぞ秋はかなしき

〔古今和歌集〕