橘圭子

   秋萩を 妻問ふ鹿こそ 獨子に 

   子持てりといへ 鹿兒しもの…

                    (万葉集)